棒針編み講師認定講座*入門科その1

編み物にハマるにつれて、ずっと悩みとしてつきまとっていたのが、サイズを自在に作れたらいいのに…という事でした。

編み図の指定糸やサイズに合わせなくても、自分の好きな糸で好きな幅で編めたら、もっと楽しいはずなのですが、ある程度は調整出来ても知識が足りないのでなかなか思うようにならない事がありました。

ずっと勉強したいと気になっていたのですが、他の事に手を掛けていて、時間を取る事もせずに今まで過ごしてしまいました。

今こうしてまた編み物が楽しいと思えているのだから、今こそがチャンスなのではないか?そう考えたので、昨年末から日本ヴォーグ社さんの「棒針編み講師認定講座」の受講を始めました。

この講座は通いではなくて、通信講座です。

せっかくなので認定を貰える講座がいいのですが、田舎なのでお教室に通うのは距離もありますし、決まった日に必ず通うというのが少々難しいので、こちらにしました。

 

<スポンサーリンク>

 

さて、この講座の内容なのですが、入門科で9つの模様編みと基礎を学び、講師科で製図や好きなニットを編めるように学ぶ講座です。

「入門科は多分大丈夫です!!」と言いたいところですが、この講座は入門科からうけないといけない決まりになっています。

まぁ、そりゃそうです。

どの位分かってるか分からないのに、難しいものを始めてさせて出来ませんでしたって訳にはいかないですよね(^^;

よし、入門科から基礎を覚えて頑張ろう!と決め、昨年12月に申込んですぐテキストや最初の作品分の毛糸が届きました。

入門科と講師科の2箱が入っていますが、講師科の分はまだ先なのでチラリとも見ずに未開封のまま押入に封印しました。

早く講師科にたどり着くのが当面の目標です(`・ω・́)

 

 

入門科の提出は5回です。

DVDやテキストを見て最初の作品を編みます。

そんなに難しい事を要求されている訳じゃないのですが、講評をされると思うと緊張してしまい、いつもなら気にしない歪みや緩みが気になって仕方がありません。

何度か編み直しもしました。

編み地2点と学んだ小物を編んで送ります。

年越しもあったので1ヶ月くらいして作品が戻ってきました。

先生から綺麗に編めているとの一文があり、物凄い感激が溢れます!!

思えば今までずっと自己流だったので、きちんと編める方に見てもらったことがありません。

先生のこの一言だけで、間違ってなかったんだ!という安心感がドドドと溢れたわけです。

2回目はこちらを提出しました。

縄編み久しぶりにしましたが、楽しいです。

小物はハンドウォーマーを編んだのですが、2箇所ねじり目になってたそうです。

こんな感じで分かるようにしてくれてました。

この中から間違いを見つけられるっていうのが、流石先生!スゴイです〜(゚Д゚;)

私もそんな風になりたい!!

 

そんなわけで、まだ序盤ですが既に受講して良かったなと感じています。

まだまだ先は長いですが、最後まで終えられるよう頑張ります(*´ω`*)

<スポンサーリンク>