テストでオーダー毛糸染め①

先日、私の作品をご覧になったP様から染の方法に関してご質問を戴きました。

技術的な事はお答え出来ないのですが、お話を聞くと挑戦されたけど上手く出来上がらなかったそうです。

私も同じ事で何度も何度も苦労していたので、お気持ちとてもよく分かります(´Д` )

オーダーは受けてないのですか?と尋ねられ、「テストオーダー」という形で宜しければ‼︎と逆にお誘いをしてしまいました(^^;)

 

<スポンサーリンク>

 

現在、オーダーでの染めはお受けしていないのですが、将来的には受けられるようになりたいと考えていました。

そこまでの技術があるのか?

お待たせするのではないか?

素材糸は種類が多いのに要望を満たすストックが出来るのか?

などと問題もあり踏み出せずにいます。

手染めは「同じものを染める」というのがとても難しいです。

2カセを一度に同じ鍋染めても同じようにならなかったり、微妙な違いで変わってしまいます。

そんな手染めなので、細かい指定までは行き届かないかもしれないけれど、ある程度のご希望は表現出来るようになれたら…と、思っていました。

またオーダーを受けるには、やり取りの流れの設定も考えなければなりません。

お取引はどう進める?こういう要望の時は?

決めたり考えておかなければならない事が色々あります。

そんなことを考えていた時、このP様のお話‼︎

オーダーは受けてませんがテストという形でご協力戴けたら…とお願いし、有難い事に快よく引き受けて下さいました(≧∀≦)

 

で、この「テストオーダー」とは、どんなお取引にしたかです。

ご要望に合わせて染めるのですが、実験させて戴く訳ですから完成の段階で気に入って戴けたら、ご購入をお願いするという内容にしました。

ご購入の時点で掛かるのは糸代+加工費+送料です。

現在出品している商品と、同じ状態です。

もし正式にオーダー制作を始めるとしたら、これにオーダー料もプラスさせて戴く事になると思います。

今回これはテストなので無しという事にしました。

ご希望に添えなかった場合、P様にリスクが出来るだけ掛からないよう考えた結果です。

勿論やり取りの時間を費やしてもらうのですから、に完成しなければ時間的な損はさせてしまいます。

しかし無事に完成出来たなら、お得にご購入して貰えるので、少々ギャンブル的ではありますがご了承して下さいました(^^;)

 

一番問題があると思っていた素材の糸は、市販糸をご指定戴いたので、運良く私の近所でも購入することが出来ました♪

つい、素材用の糸や大きな巻きのもので染めるものだと考えてしまっていたのですが、この手があったか‼︎とびっくりです(^^;)

ネット等でお好きなものをご注文してもらい、送り先を私の所にして貰えても良いわけです。

色々試してみるもんですね、やってみないと分からない事ばかりです(*´ω`*)

 

で、長くなるのでこの辺で次の記事に分けますが、先に言うと結果的に失敗したんですよ(T_T)

P様にはご迷惑をお掛けしただけという、情け無い結果に終わりました。

途中まで良かったのに最後ダメでした。

次回はそれでどんな糸染めになり、失敗になったのかという、続きを書きたいと思います(´;ω;`)

<スポンサーリンク>