染料の混色って難しい

染めるのが楽しいので次々と染めたいのですが、出来上がる糸も消費しないといけません。

自分のものばかり編むのもなんなので、娘にも編んだので欲しいものある?と聞いてみました。

するとベストが欲しいとのこと。

せっかくなので、何色で欲しいのかベースを1色さし色を2色言ってみてと、色の要望も聞くことにしました。

  • ベースがグレージュ
  • さし色が濃紺と緑、少ない感じで

合わせると大体こんな感じの色ですね。

一応、「上手く色合いになるかは分からないが頑張ります」と伝え保険を掛けました(笑)

今までは、大体で色を作って染めて「わ―、こんな色になった♪」と喜んでいたのですが、今度は指定に近づけるようにするわけです。

難しいけれど、頑張らねば。

<スポンサーリンク>

 

ハンドウォマーの時と同じ糸、メリノウールの並太を染めます。

娘用だから、防縮ウール買っておけば良かったです。

洗濯ちゃんと出来るかしら。

グレージュになる染料は赤と黄色と黒を混ぜ、濃度を低くしてつくりました。

前回のブルーグリーンの糸を染めるのに、作り易かったので煮る方法で染色しました。

で、完成したのが…

ありゃ、くすみ感は無いなぁ~。

もっと濃いベージュで染めればくすみ感も出ると思うのですが、そうなるとまた色合いも変わりそうです。

そして濃く付けたはずの紺や緑は散ってしまい薄くなってます。

あー、煮たから流れちゃったのかな~。

蒸したほうが良かったかな。

一度カセに束ねてみました。

うーん、色合い的には嫌いじゃないけど要望と違っちゃっいました。

恒例の玉巻。

うーん、もっとこう濃い点が付くはずだったのですが残念。

やり直すとかはないので、この糸でベストを編みます。

娘が広い心で受け止めてくれるといいのですが(笑)

<スポンサーリンク>